校長 松島 利彦(まつしま としひこ)

 新堂小学校は、明治6年(1873)開校以来、140年余の長い歴史と伝統を持った学校です。 私たちが教育活動を行うにあたっては、これまでにも地域の方々の多大なるご支援、ご協力をいただいておりますとともに、 様々な連携をはかってまいりました。今後も、これまで以上に地域と密接な関わりを保ちながら、 日々の教育活動を進めてまいりたいと考えています。

 新堂小学校では、「子どもたちの確かな学力の向上」を第一の目標としています。基礎・基本となる知識・技能をしっかり身につけ、それを活用する活動を通して思考力・判断力・表現力等を育成し、あわせて学習意欲をはぐくんでいきます。それには、まず教員の授業力の向上が不可欠です。これまでにも 指導法や授業方法などの研究・研修を行ってきましたが、これまで以上にその内容の向上をめざしてまいります。
 どの子も自信を持って、安心して通うことができる学校、子どもたちの笑顔のあふれる新堂小学校を創っていけるよう、教職員一同頑張ってまいります。

 保護者の皆様、地域の皆様のご支援、ご協力をこれまで以上によろしくお願いいたします。