富田林市ウェブサイト
 
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 課税課 >> 税目別メニュー(個人住民税) >> 個人市・府民税の概要






 個人市・府民税の概要

個人の市・府民税

 個人市・府民税は個人の前年中の所得に対してかかる税金です。市民税と府民税あわせて課税され、納税も市民税・府民税あわせて納付していただくことになります。府民税については、市から大阪府に払い込んでいます。
 この個人の市民税と府民税は、総称して個人の住民税とよばれています。
 個人の市・府民税は、市民の方に広く均等に負担してしただく均等割と、その人の所得金額に応じて負担していただく所得割とがあります。

個人の市・府民税を納める人(納税義務者)

個人の市・府民税を納める人は次のとおりです。
納税義務者納めていただく税額
均等割額所得割額
市内に住所がある人
市内に事務所、事業所または家屋敷が
ある人で、市内に住所のない人

 市内に住所や事務所などがあるかどうかは、その年の1月1日(この日を賦課期日といいます。)現在の状況で判断されます。
 住所の認定については、原則として住民基本台帳によりますが、住民基本台帳に登録されていなくても、賦課期日現在に富田林市に居住している場合は、富田林市で課税されます。

個人の市・府民税が課税されない人

均等割も所得割も課税されない人
ア.生活保護法によって生活扶助を受けている人
イ.障害者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下の人
均等割が課税されない人
※前年の合計所得金額が31.5万円以下の人
 扶養親族がおられる場合は、次の算式で求めた額以下の人
  31.5万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+18.9万円
 扶養すべき親族はいないけれど年間の給与収入が96.5万円以下であれば住民税は課税されません。
 扶養すべき親族が1名の場合は31.5万円×2+18.9万円=81.9万円(給与収入1,469,000円)まで非課税です。
所得割が課税されない人
※前年の総所得金額等の金額が35万円以下の人
 扶養親族がおられる場合は、次の算式で求めた額以下の人
  35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+32万円
 扶養すべき親族はいないけれど年間の給与収入が100万円以下であれば所得割は課税されません。
 扶養すべき親族が1名の場合は35万円×2+32万円=所得102万円(給与収入1,703,999円)まで所得割は非課税です。
年間の給与収入が103万円以下であっても扶養すべき親族がいない人(夫の控除対象配偶者となっている妻など)は、所得税はかかりませんが住民税は課税される場合があります。

上に戻る

「税目別メニュー(個人住民税)」に戻る


総務部 課税課 市民税係