富田林市ウェブサイト
 
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 課税課 >> 税目別メニュー(個人住民税) >> 住宅借入金等(住宅ローン)特別控除の創設




 住宅借入金等(住宅ローン)特別控除の創設

住宅借入金等(住宅ローン)特別控除の創設について

 平成21年から平成25年までに入居し、所得税から控除しきれなかった住宅ローン控除額がある場合は、翌年度の住民税から住宅ローン控除が適用されることになりました。
 平成11年から平成18年までに入居し、所得税の住宅ローン控除の適用を受けている方も、引き続き対象となります。
 今回の制度創設に伴って、申告する方や市の事務負担を軽減するために、給与支払報告書(源泉徴収票)や確定申告書に記載された項目(居住開始年月日や住宅借入金等特別控除可能額等)により計算することができるようになったため、市への申告は原則不要となりました。

住宅ローン控除額は次のいずれか小さい額が適用されます。
(A)所得税の住宅ローン控除可能額のうち所得税において控除しきれなかった額
(B)所得税の課税総所得金額等の額に5%を乗じた金額(上限金額97,500円)

※平成19年と平成20年に入居された方は、住民税からの住宅ローン控除の対象とはなりませんのでご注意下さい

 

 

「税目別メニュー(個人住民税)」に戻る


総務部 課税課 市民税係