富田林市水道事業

平成29年度水質検査計画

 富田林市水道事業では、市民の皆様に安全でおいしい水道水をお届けするために、これまで行ってきた水質検査の結果を踏まえ、あらためて水質検査全般について検証し、平成29年度の水質検査計画を策定しました。

 検証にあたっては、水質検査期間である河内水質管理ステーションが河南地域全体で同一水準の水質管理を目指すために作成された「水質検査計画の考え方の骨子」に基づき行いました。

【計画の特徴】
  1. 浄水場出口、受水場及び給水栓において、検査項目の特性等を考慮し、効果的且つ効率的に採水場所を選定しました。
  2. 過去の検査結果を踏まえて、検査回数を設定しました。
  3. 検査回数は、法令上設定される回数と同等かそれ以上の回数に設定しました。
【計画の内容】
平成29年度水質検査計画
【水質検査計画とは】

 水質検査は、水道水が水質基準に適合し安全であることを保証するために不可欠であり、水質管理を行う上で重要なものです。
 水質検査計画とは、適正な水質管理を行うために、水質検査項目や検査回数などを定めたもので、毎事業年度の開始前に策定し公表することとしています。

▲ 水質検査計画トップに戻る