●富田林市ウェブサイトへ ●水道事業サイトマップ
水道ホーム > 水道事業情報 > 水道の水ができるまで

 

●安心して飲める水にします

  川や湖の水、地下水などは、そのままでは飲めません。浄水場では、安心して飲める水に作り替えて、皆さまのご家庭へお届けしています。

 

●水道の水は、こうしてきれいな水になります

  富田林市の水道は、浅井戸と深井戸の地下水をポンプでくみ上げています。
  くみ上げた地下水は、次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。そして、不純物を取り除くため、高速凝集沈殿池、ろ過池を通り透き通ったきれいな飲み水になります。水質検査室などで、ろ過された水の安全性を調べるために、塩素の量やばい菌がいないか、有害なものが混じっていないかなどを検査しています。
  このようにして作られた水は、いったん配水池に送られてから配水管をとおって皆さまのご家庭にお届けしています。このような水の他に、滝畑ダムから取水する日野浄水場からの水と大阪広域水道企業団からの水とがあります。

■管理棟
  コンピュータにより施設の集中監視・集中制御を行います。
■深井戸
  地下200メートルからくみ上げる井戸水
■着水井
  各深井戸からくみ上げた水に薬品を注入します。
■薬品注入設備
・PAC・・・ポリ塩化アルミニウム 水の中のにごりや不純物を集めて大きなかたまり(フロック)にします。

・次亜塩素酸ナトリウム・・・消毒、滅菌します。

■高速凝集沈殿地
  凝集剤によって形成されたフロックを沈めます。

■ろ過池
  沈でん池できれいにした水をさらに池の底にある砂の層をとおしてきれいにします。
■浄水池
  きれいになった水をためておく池です。
■送水ポンプ
  使う水の量にあわせて、ポンプで水を押し上げ配水池へ送ります。
 

 

△このページのトップへ戻る
水道事業へのお問い合わせ