●富田林市ウェブサイトへ ●水道事業サイトマップ

水道事業ホーム > こんなときは? > おいしい水について

 

おいしい水ってどういうものなのでしょう。
1985年に厚生省(現厚生労働省)の発案でつくられた 「おいしい水研究会」によると、 おいしい水の用件として以下の項目がまとめられています。

蒸発残留物 30〜200mg/L  主にミネラルの含有量を示しています。 量が多いと苦味、渋みが増し、 適度に含まれるとこくのあるまろやかな味がします。
硬度 10〜100mg/L  ミネラルのなかで量的に多いカルシウムとマグネシウム の含有量を示しています。硬度の低い水はくせがなく、 高いと好き嫌いがでます。 カルシウムに比べてマグネシウムの多い水は苦味を増します。
遊離炭酸 3〜30mg/L  溶け込んでいる炭酸分の量を示します。水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなります。
過マンガン酸カリウム
消費量
3mg/L以下  有機物量を示します。多いと渋味をつけ、 多量に含まれると塩素の消費量に影響して水の味を損ないます。
臭気度 3以下  水源の状況により、さまざまなにおいがつくと不快な味がします。
残留塩素 0.4mg/L以下  水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味をまずくします。
水温 最高20℃以下  夏に水温が高くなると、あまりおいしくないと感じられます。 冷やすことによりおいしく飲めます。 体温より20〜25℃低い10〜15℃が適温といわれています。

水道事業へのお問い合わせ