富田林市ホームページ富田林市ホームページ
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 障がい福祉課 >> 補装具・日常生活用具

 補装具・日常生活用具

 

補装具の支給・修理
身体上の障がいを補うための用具を購入または修理する場合、それに要する費用を補装具費として支給します。費用のおよそ1割が利用者負担となりますが、負担が重くなり過ぎないように所得に応じて利用者負担上限額が設定され、負担の軽減が図られます。
なお、補装具の種類によっては、障がいの種別、等級により支給等が制限される場合があります。
※購入または修理される前に、必ず障がい福祉課にご相談ください。

【対象者】
身体障がい者手帳を持っている人、または難病患者(障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令別表に掲げる疾病)
※ただし、一定所得以上【障がい者本人(配偶者を含む)・障がい児の場合は本人が属する世帯の生計維持者の市町村民税所得割額が46万円以上】の場合は、支給対象外となります
※補聴器については、身体障がい者手帳を持っていない軽度難聴児(18歳未満の両耳の聴力が30デシベル以上)に対して補聴器の購入費用の一部を助成しています。また、大阪府では身体障がい者手帳を持っていない中度難聴児(両耳の聴力が60デシベル以上)に対して、補聴器購入費用の一部の助成も行っています。

【用具の種類】

障がい区分

補装具の種類

肢体不自由

義肢、装具(上肢、下肢、体幹装具)、座位保持装置、車椅子、電動車椅子、歩行器、歩行補助つえ(一本つえを除く)

視覚障がい

盲人安全つえ、義眼、眼鏡

聴覚障がい

補聴器

重度の両上下肢及び
言語機能障がい

重度障がい者用意思伝達装置

内部障がい

車椅子、電動車椅子
※医師の意見書または大阪府障がい者自立相談支援センターの直接判定により使用が必要と認められた方が対象となります


【必要なもの】
※種類によっては、医師意見書や処方が必要となる場合や大阪府障がい者自立相談支援センターの直接判定を受けていただく必要がある場合があります

【申請場所】
障がい福祉課

【お問い合わせ先】
給付係(内線194・195)
ファクシミリ 0721-25-3123

ページの上へ

 

 

日常生活用具の給付
在宅の身体障がい者(児)・知的障がい者(児)・精神障がい者・難病患者が、日常生活をより円滑に行うことができるよう、必要に応じて日常生活用具が給付されます(ただし、日常生活用具の種類によっては、障がいの種別、等級等によっては交付が制限される場合があります)。
なお、負担が重くなりすぎないように所得に応じて利用者負担上限額が設定され、負担の軽減が図られます。
※購入される前に、必ず障がい福祉課にご相談ください

【対象者】
障がい者手帳(身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳)を持っている人、難病患者(障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令別表に掲げる疾病があり、在宅で療養が可能な程度に症状が安定していると医師によって判断される人)
※ただし、一定所得以上【障がい者本人(配偶者を含む)・障がい児の場合は本人が属する世帯の生計維持者の市町村民税所得割額が46万円以上】の場合は、支給対象外となります。

【用具の種類】

区別

日常生活用具の種類

介護訓練支援用具

特殊寝台、特殊マット、特殊尿器、入浴担架、体位変換器など

自立生活支援用具

入浴補助用具、便器、T字状・棒状の杖、頭部保護帽、火災警報器、自動消火器など

在宅療養等支援用具

透析液加温器、ネブライザー、盲人用体温計、盲人用体重計、動脈血中酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)、盲人用血圧計、大活字図書など

情報意思疎通支援装置

携帯用会話補助装置、視覚障がい用活字文章読み上げ装置、聴覚障がい者用通信装置など

排泄管理支援用具

ストマ用装具、紙おむつ、収尿器

住宅改修費

居宅生活動作補助用具

※詳しくは、障がい福祉課へお問い合わせください。

【必要なもの】
※種類によっては、医師意見書が必要となる場合があります。(難病患者は必要です。)

【申請場所】
障がい福祉課

【お問い合わせ先】
給付係(内線194・195)
ファクシミリ 0721-25-3123

ページの上へ

 

 

トップページへ ページの上へ