主な業務は消防用設備等の設置指導/危険物施設の許可/違反対象物の是正
建物の新築、増改築は気をつけて! 忘れていませんか?設備の点検 危険物には注意
  祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しにおいて対象火気器具等を使用する際の消火器の準備及び露店等の届出についての改正です。

※詳しくはこちら
  消防用設備等が義務設置された建物(一般住宅を除く。)は定期に設備の点検並びに報告が義務になります。

防火対象物定期点検 も忘れずに!
  危険物にはガソリン等の燃料類やシンナー等の塗料類などが一般的にありますが、一定の量以上貯蔵取扱う場合には許可もしくは届出が必要になります。
建物の新築、増改築は気をつけて! 建物の新築、増改築は気をつけて! 危険物には注意
  「表示マーク」は、防火安全に関する基準に適合した宿泊施設に交付されるものです。
 このマークを基準に宿泊施設を選ぶことで、安心して施設を利用することができます。


※詳細はこちらへ

  近年、雑居ビル等で多くの死傷者等を伴う火災が相次いで発生していることから、高層ビル等の防火・防災管理体制を強化するために消防法令の改正が行われました。

※テナントビルを所有又は管理されておられる方は確認してください。

※詳細はこちらへ

リーフレットをご覧ください。
  (総務省消防庁)
  防火管理者が必要になる建物の関係者の方は管理者がいなくて困ることのないよう率先して受講し、または、十分建物の管理ができる方に受講させましょう。



収容人員300人以上の特定防火対象物に 選任されている甲種防火管理者には再講習が 義務づけられました。
クリックしてね!


 平成29年8月の防火管理資格取得講習会の受付は終了いたしました。
 次回は平成30年2月に実施予定です。

建物の新築、増改築は気をつけて!
違反対象物公表制度について
 消防用設備等の点検等については一部の悪質な業社によりトラブルになるケースがあります。点検等の際には十分注意してください。

住宅火災警報器の義務化 に伴う悪質な訪問販売には 十分注意してください。
建物を安全に、安心して利用していただくために、重大な消防法令違反のある建物を公表できるようになりました。

※詳細はこちら

※リーフレットはこちら
住宅用火災警報器等の設置が義務化!
(消防法第9条の2第1項)
クリックしてね!
住宅用火災警報器について
住宅火災警報器詳細ページ
 【義務化の経緯】   ・平成18年6月1日より、新築住宅に義務化。
               ・平成23年6月1日より、既存住宅に義務化。
設置すべき住宅の部分を解説
クリックしてね!
[注)自動火災報知設備が義務とならない店舗併用型住宅(住宅部分)、共
   同住宅また、特例により自動火災報知設備の設置義務が免除される
   共同住宅にも住宅用火災報知器を設置しなければなりません。]
住警器CMを視聴する場合。
ブロードバンド(クリックしてね!)

リンクページ
総務省消防庁ホームページ

消防用設備、危険物等についての問い合わせ先
富田林市消防本部 予防課
0721-23-1124(直通)