「業務用」消火器には上記のような表示(住宅用消火器でない旨の表示)があります。(平成22年以前に製造された消火器には、表示がない場合があります。) 

平成25年8月に、京都府福知山市の花火大会にて発生した火災を踏まえ、 火災予防条例が改正されました。(平成26年4月1日施行)


 主な改正内容として、

1.祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して、対象火気器具等※1を使用する場合に、露店等※2
開設の有無にかかわらず、消火器
※3の準備が義務付けられました。

2.祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して、対象火気器具を使用する露店等を開設する場合は、
 事前に届出
※4が必要となりました。
  ただし、集まる者の範囲が個人的なつながりに留まる場合(例えば、近親者によるバーベキュー、幼稚園で父母が主催する
 もちつき大会など、相互に面識がある者が参加する催しの場合。)は届出の必要はありません。

     



   ※1 対象火気器具等とは・・・

     例えば、コンロ、グリドル、ストーブ、発電機等が該当します。

                          


※2 露店等とは・・・ 

   例えば、露店、屋台、模擬店等が該当します。

                               





   ※3 消火器について・・・ 

   「住宅用」や「エアゾール式」の消火器ではなく、「業務用」の消火器の準備が必要です。



















   ※4 届出について・・・

    対象火気器具を使用する露店等を開設する方は、「露店等の開設届出書」に必要事項を記入し、露店等の配置図を
 添付したものを2部、消防本部予防課まで届け出てください。

                    「露店等の開設届出書」はこちら

詳しくは、消防署(電話0721−23−0119)までお問い合わせ下さい。