消防団救助資機材搭載型ポンプ車

 平成22年8月20日、総務省消防庁より教育訓練用に救助資機材を搭載した車両及び救助資機材セットが無償貸与され、消防団本部付けとして配備しました。救助資機材搭載型車両は、消火資機材(小型動力ポンプ、ホース)のほか、救助資機材(油圧カッター、エンジンカッター、チェーンソー、ストライカー、担架及びAED)を装備した多機能型車両となっています。
 現在は、地域防災力の中核となる消防団に対し、大規模災害発生時に常備消防とともに救助活動に従事できるよう、救助活動の教育訓練、救助資機材の取扱い説明及び実技訓練を実施しています。
 また、平成23年度中には、各分団に救助資機材搭載型車両に積載している救助資機材が配備され、地域防災力の向上が期待されます。



救助資機材搭載型車両

消火資機材(小型動力ポンプ、ホース等)

救助資機材(油圧カッター、エンジンカッター、
チェーンソー、 ストライカー、担架等)

消防ポンプ
(級別:B−2級  冷却水方式:冷却水内部循環式)
    


富田林市消防団ページTOPへ