富田林市消防団

       

新着情報

第3回4市町村合同訓練を実施しました。
平成28年度富田林市消防団普通救命再講習会を実施しました。
操法訓練用備品一式が寄贈されました。
消防団員の活動服が一新されました。
第2回 消防団員の専門知識の習得に関する訓練を実施。
富田林市消防団特殊技能隊及び消防署救助隊合同による救出救助連携実践訓練を実施。
大阪府下ではじめて 消防団重機隊発足!!
消防団救助資機材が配備されました。
消防団救助資機材搭載型車両を配備。


消防団とは

 消防団は、常勤の消防職員とは異なり、本業を持ちながら、火災や災害発生時に自宅や職場から現場に駆けつけ、消火救助活動にあたる非常勤特別職の地方公務員です。
 その位置付けについては、消防本部と並列であり、市町村の消防機関の一つとして、ほとんどすべての市町村に設置されています。
 またその活動は、「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき、消防・防災に関する知識や技術を習得し、地域での経験を生かし、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょ活動などに従事し、地域住民の生命や財産を守るために活躍しています。また、平常時においても、訓練のほか、特別警戒、広報活動などに従事し、地域における消防力・防災力の向上において重要な役割を担っています。
 これらのように、消防団は、地域における消防・防災の中核的存在として、今後も大いに活躍することが期待されています。

消防団の組織

   ・消防団員数(平成29年4月1日 現在)         308名


       ・保有消防用自動車台数                  16台


消防団の詰所・車庫場所

       

    

消防団管轄区域



分 団 区 分 管  轄  区  域
第1分団 富田林方面  富田林町、谷川町、昭和町、常盤町、寿町、富美ヶ丘町、錦ヶ丘町、毛人谷、本町
第2分団 若松町方面  清水町、若松町一丁目、若松町二丁目11街区のみ
第3分団 新堂方面  新堂、若松町二丁目〜五丁目、若松町東、若松町西、緑ヶ丘町、PL教団内
第5分団 中野方面  中野町、中野町東、中野町西、大字中野
第6分団 喜志方面  平町、喜志新家町、木戸山町、旭ヶ丘町、南旭ヶ丘町、通法寺町、粟ヶ池町、桜井町
 川面町、宮町、西条町、梅の里、喜志町
第7分団 大伴方面  南大伴町、北大伴町、山中田町、楠町、別井、東板持町、川向町、かがり台
第8分団 板持方面  西板持町
第10分団 東条方面  山手町、佐備、龍泉、甘南備
第11分団 彼方方面  彼方、楠風台
第12分団 汐ノ宮方面  不動ヶ丘町、伏見堂、横山、嬉
第13分団 錦織方面  錦織東、錦織中、錦織南、錦織北、大字錦織
第15分団 須賀方面  久野喜台二丁目、寺池台一・五丁目、須賀、伏山、金剛伏山台、金剛錦織台
第16分団 川西方面  高辺台二〜三丁目、寺池台二〜四丁目、甲田、新家、廿山、桜ヶ丘町、宮甲田町
 美山台、小金台、津々山台
第17分団 五軒家方面  高辺台一丁目、久野喜台一丁目、青葉丘、新青葉丘町、加太、五軒家、藤沢台、向陽台


消防本部 消防総務課 消防団係  0721(23)1123