一次救命処置
胸の真ん中

   ・人工呼吸ができないか、もしくは、ためらわれる場合は、人工呼吸はせず胸骨
    圧迫を連続して行う

@ 意識があるか調べる

 1)肩をたたいて呼びかける

 2)反応がなければ大声で応援を呼ぶ
 (119番通報・AEDを持って来てもらう)

C AEDが届いたら

 1)電源を入れる (蓋を開けると電源が入る機種もあります)
 2)音声に従って行動する
 3)除細動(電気ショック)を実施する際は自分や周囲の人の安全を確認(患者に触れて
   いないか?)してから通電ボタンを押す
 4)ショック後ただちに胸骨圧迫を実施する

    救急隊に引き継ぐまで、または傷病者に呼吸や目的のある仕草が認められるまで続ける

A 呼吸があるか確認する (胸やお腹が動いているか)
  
   呼吸がなければ胸骨圧迫へ 
    
※死戦期呼吸(あえぐような呼吸)は、呼吸なしとみなします。

AED(Automated External Defibrillator)とは自動体外式除細動器のことです。
突然の心停止の中には「心室細動」と言って心臓が細かく震えている状態になることがあり、この時に「電気ショック」を与えることで心臓本来の動きを取り戻すことがあります。
AEDはこの電気ショックを行なうための機械です。

 2) ・人工呼吸ができる場合は、胸骨圧迫30:2人工呼吸を繰り返す

B 胸骨圧迫(心臓マッサージ)をする

 1)胸の真ん中に両手を重ねて垂直に30回押す
  ・ 強く     (成人は少なくとも5cm、小児は胸の厚さの1/3へこむ程度に)
  ・ 速く     (少なくとも100回/分)
  ・ 絶え間なく (中断時間は最小にする)

AEDの設置場所については、こちらをご覧ください。