集団救急事故対策訓練を実施しました。

 富田林市消防署では署庭において、平成26年6月20日(金)から23日(月)の間、
集団救急事故対策訓練を実施しました。

 この訓練では、過去、他地域で発災した交通事故等を教訓に、要救助者が多数いる
状況での初動体制及び中隊指揮へ移行するまでの小隊指揮活動を実践しました。
 また、今年度は平成26年2月15日南河内医療圏(大学病院除く。)で最初に登録発隊
された「大阪DMAT隊(富田林病院災害派遣医療チーム)」も参加いただいて、共に活動
する訓練も実施しました。

 今後も迅速かつ的確な初動措置、情報伝達、役割分担や活動の連携を行う為、各関係
機関との訓練を行い、相互協力体制の強化及び防災安全の徹底を図っていきます。

【訓練風景】