救急車の適正利用で、救える命を守りましょう。
 昨年(平成24年)8月、本市消防本部管内の年間救急出動件数が過去最高を上回るペースで増加し続けているとして、市民の皆様に適正利用を呼びかける「非常事態宣言」を初めて出しました。しかしながら、その推移は変わりなく、平成24年では6,116件(前年比237件増)となり、消防本部発足以降、最多となりました。

 救急車の台数には限りがあります。生命の危機が迫っている事故や病気に対し、迅速に対応するため、身体の調子が悪いと感じたときには早めに近くの医療機関を受診し、救急車の適正利用にご協力をお願いします。


救急車を呼ぶほどではない場合の対応など、各種情報をご覧いただけます。