【自家給油取扱所】
 この自家給油取扱所は、大規模災害の発生時においても消防車両をはじめとする緊急車両等への燃料補給を安定的に行えるように整備したものです。

  【平成25年3月18日運用開始】
地下貯蔵タンク

  容量 : 20,000リットル
   【内訳】  ガソリン : 15,000リットル
          軽油   : 5,000リットル

               【地下貯蔵タンク埋設工事】



運用について

 目的は、災害に対応する為の燃料備蓄ですが、燃料の性能劣化を防止するため、一定量を確保しつつ日常業務においても消防車両等への給油を行います。