富田林市ホームページ富田林市ホームページ
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 選挙管理委員会事務局 >> 選挙人名簿 >> 選挙人名簿の閲覧に関する事務処理要領

 選挙人名簿の閲覧に関する事務処理要領

平成18年11月1日
要領第1号

(目的)
第1条 この要領は、富田林市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)が、公職選挙法(昭和25年法律第100号。以下「法」という。)第28条の2から第28条の4に規定する選挙人名簿の抄本の閲覧及び法第30条の12第2項で準用する在外選挙人名簿の抄本の閲覧(以下単に「閲覧」という。)に関して必要な事項を定め、もって選挙人名簿の正確性を期するとともに、選挙人のプライバシーの保護を確保することを目的とする。

(閲覧を認める目的等)
第2条  閲覧は、次の各号のいずれかに該当する場合に限って認める。
(1) 特定の者が選挙人名簿に登録された者であるかどうかの確認をするとき。
(2) 公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)及び政党その他の政治団体が政治活動(選挙運動を含む)のために必要であるとき。
(3) 国又は地方公共団体(以下「国等」という。)の機関が公共的要請により政治又は選挙に関する調査等に必要であるとき。
(4) 報道機関、学術機関等の法人、もしくは個人が調査研究で公益性が高いと認められるもののうち政治又は選挙に関するものを実施するために必要であるとき。

(閲覧の拒否)
第3条 法第28条の2第3項及び第28条の3第3項に規定する委員会が申出にかかる閲覧を拒むに足りる相当な理由があると認める場合は、おおむね次に定める場合とする。
(1) 個人の基本的人権及びプライバシーを侵害するおそれがある場合、閲覧により知り得た事項(以下「閲覧事項」という。)が不当な目的のために使用されるおそれがある場合又は閲覧事項を適切に管理できないおそれがある場合
(2) 委員会の事務に支障が生じると認められる場合又は委員会の指示に従わない場合

(閲覧の申出)
第4条 選挙人名簿の抄本の閲覧の申出をする者(以下「申出者」という。)は、次の各号の目的により、当該各号に定める申出書及びそれぞれ規定する資料を添えて委員会に提出しなければならない。
(1) 第2条第1号の場合 選挙人名簿抄本閲覧申出書(登録の確認)(様式第1号)
(2) 第2条第2号の場合 選挙人名簿抄本閲覧申出書(政治活動)(様式第2号)、また申出者及び閲覧者以外の者に閲覧事項を取扱わせる場合には、候補者閲覧事項取扱者に関する申出書(様式第2−1号)もしくは承認法人に関する申出書(様式第2−2号)
(3) 第2条第3号及び第4号の場合 選挙人名簿抄本閲覧申出書(調査研究)(様式第3号)、また申出者及び閲覧者以外の者に閲覧事項を取扱わせる場合には、個人閲覧事項取扱者に関する申出書(様式第3−1号)
2 前項の定めるもののほか、第2条第2号の場合において、申出者が公職の候補者となろうとする者の場合には、そのことを示す資料、申出者が政党その他の政治団体の場合には、当該政治団体の届出書の写し及び公職選挙法施行規則第3条の2第2項ただし書きの場合を除き、当該政治団体の政治活動の実績を示す資料を提出しなければならない。
3 前2項に定めるもののほか、第2条第3号及び第4号の場合において、国等又は報道機関等の委託を受けて閲覧をする者は、それらの委託を受けたことを証する書面を提出しなければならない。
4 前3項に定めるもののほか、第2条第4号の場合においては、調査研究の概要及び実施体制を示す資料を提出しなければならない。

(閲覧の場所及び時間)
第5条 閲覧は、委員会の執務室又は委員会が指定する場所において、執務時間内に行わなければならない。

(閲覧の方法)
第6条 閲覧は、読みとり又は筆記による転記に限るものとする。
2 選挙人名簿の抄本の閲覧をする者(以下「閲覧者」という。)は、抄本を丁重に扱い、破損、汚損のないようにし、加筆等をしてはならない。
3 閲覧者が選挙人名簿の抄本の閲覧をするにあたっては、委員会は閲覧者に対し身分を証明するものの提示を求めることができる。
4 前項で提示を求める身分を証明するものとは、国又は地方公共団体が交付した書類であって、当該閲覧者の写真をはり付けてあるもの、もしくは公職選挙法施行規則第3条の2第4項第2号で規定する当該閲覧者に対して文書で照会したその回答書(様式第4号)及び国又は地方公共団体が交付した当該閲覧者の住所・氏名を確認できる適当な書類、又は国又は地方公共団体以外の者が交付した住所・氏名を確認できる複数の適当な書類とする。

(申出者等の責務)
第7条  申出者、閲覧者及び法第28条の2で規定する候補者閲覧事項取扱者、政治団体閲覧事項取扱者、承認法人、承認法人閲覧事項取扱者、並びに法第28条の3で規定する法人閲覧事項取扱者若しくは個人閲覧事項取扱者(以下「閲覧事項取扱者等」という。)は、閲覧事項に関して次に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1) 個人の基本的人権の尊重、プライバシーの保護のため、閲覧事項の漏えいの防止その他の閲覧事項の適切な管理に努めなければならない。
(2) 本人の事前の同意を得ないで、閲覧目的以外に使用してはならない。
(3) 申出者、閲覧者及び委員会から承認された各種閲覧事項取扱者以外の者に閲覧事項の提供をしてはならない。

(委員会に対する報告、資料の提出)
第8条  法第28条の4第5項に規定する委員会が申出者に対し必要な報告をさせることができる場合はおおむね次の場合とする。
(1) 閲覧目的の事務事業又は調査研究活動が終了し、集計表等の成果物を作成したとき。
(2) 選挙人名簿の抄本の記載事項に誤り又は洩れ等を発見したとき。
(3) 閲覧事項にかかる資料の所持、保管状況等について照会の必要があるとき。

(資料の返還要請、勧告及び命令)
第9条  委員会は、閲覧事項取扱者等がこの要領の規定に違反した場合、閲覧者が作成した資料の返還を求めることができる。
2 委員会は、法第28条の4第2項から同条第4項までの規定により閲覧事項取扱者等が第7条の規定に違反した場合、閲覧事項取扱者等に対し、個人の権利利益の保護のため、同条の規定を遵守させるための措置を講ずることを勧告すること、もしくは命ずることができる。

(閲覧に関する公表)
第10条 委員会は、毎年1回、前年1月から12月までの閲覧申出にかかる選挙人名簿の抄本の閲覧状況について、申出者の氏名(申出者が国等の機関である場合はその名称、法人である場合にはその名称及び代表者又は管理人の氏名)、利用目的の概要及び次の各号に掲げる事項を翌年2月に富田林市役所前の掲示場及び富田林市の公式ホームページ上にて公表するものとする。 ただし、申出者が本人もしくは当該申出者と同居している者についての第2条第1号にかかる閲覧についてはこの限りでない。
(1) 閲覧の年月日
(2) 閲覧にかかる選挙人の範囲
(3) 申出者が法人である場合にあっては、その主たる事務所の所在地

(細目)
第11条 この要領に定めるもののほか、この要領の施行に関し必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則
この要領は、平成18年11月 1日から施行する。



トップページへ ページの上へ