富田林市ホームページ富田林市ホームページ
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 選挙管理委員会事務局 >> 投票の種類

 投票の種類

 投票については、いつ投票するかによって、大きく選挙期日である投票日当日の投票と期日前投票に区分できますが、それ以外にも投票の方法によって区分することもできます。


 ●一般の投票



 ●点字による投票



 ●代理投票



 ●投票日当日投票

投票日当日の投票については、午前7時から午後8時までの時間に投票ができます。
なお、投票場所については、住所により投票所が指定されています。
(※投票所入場整理券に投票所の地図が表示されていますので、お確かめ下さい。)



 ●期日前投票

仕事の都合や病気、けが、レジャーや買物などで、選挙の行われる日に投票所に行けないことが見込まれる人は、事前に期日前投票で投票を済ませておくことができます。

<期日前投票のできる期間・時間・場所>
選挙の公示(告示)のあった日の翌日から投票日の前日までの間、毎日、午前8時30分から午後8時までの時間(土・日曜日、祝日でも投票できます)、場所は下記の2ヶ所です。

※なお、投票日当日には18歳に到達される方でも、期日前投票に来られた時点で18歳に到達されていなければ、期日前投票ではなく不在者投票をしていただくことになります。



 ●不在者投票

次のような場合は、不在者投票を行うことができます。

  1. 都道府県から指定を受けた病院や老人保健施設、老人ホーム、身体障がい者更生援護施設等に入院(入所)中の人で、選挙の行われる日に投票所に行けない人は、その施設で不在者投票を行うことができます。
  2. 身体障がい者手帳、戦傷病者手帳または介護保険被保険者証をお持ちで、かつ次の要件に該当する人は、自宅などで郵送による不在者投票ができます。この場合は、あらかじめ、「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。

    身体障がい者手帳の記載内容
    両下肢・体幹の障がいまたは移動機能の障がい 1級または2級
    心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・免疫・肝臓の障がい 1級から3級

    戦傷病者手帳の記載内容
    両下肢または体幹の障がい 特別項症から第2項症まで
    心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障がい 特別項症から第3項症まで

    介護保険被保険者証の記載内容
    要介護状態区分 要介護5           

    また、郵便等による不在者投票をすることができる人で、これに加えて次の要件に該当する人は、あらかじめ申請することにより代理記載による投票ができます。
    ・身体障がい者手帳に、上肢又は視覚の障がいの程度が1級であると記載されている人
    ・戦傷病者手帳に、上肢又は視覚の障がいの程度が特別項症から第2項症と記載されている人

    これらの申請方法については、選挙管理委員会までお問い合わせください。


  3. 一時的に遠隔地に滞在している人は、申請をすることで最寄の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票を行うことができます。
  4. 投票の当日以降に18歳になる人で、選挙の行われる日に投票所に行けない人は、期日前投票ではなく不在者投票を行うことになります。

<不在者投票のできる期間・時間>
 期日前投票と同じ。
※指定施設で行う不在者投票の時間は、午前8時30分〜午後5時です。
※滞在先の市区町村の選挙管理委員会で行う不在者投票の時間は、その市区町村の執務時間内です。(ただしその市区町村が選挙期間中の場合は、時間が異なります)



 ●洋上投票



 ●在外投票

国外で居住する日本人の方のための投票制度です。くわしくは、在外選挙のページをご覧ください。



トップページへ ページの上へ