富田林市ホームページ
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> まちづくり推進課 >> 金剛地区活性化の取り組み

まちづくり推進課

 金剛地区活性化の取り組み

 高度経済成長期に開発された大規模住宅地(ニュータウン)は、開発後約半世紀が経過し、人口減少、少子高齢化、施設の老朽化などのニュータウン問題が顕在化しています。
 大阪大都市圏に開発された本市金剛地区においても、他のニュータウンと同様に社会環境や人口構成の変化に伴うさまざまな問題を抱えています。
 金剛地区は、人口や都市基盤が集積するとともに、利便性に優れたポテンシャルの高い地域であり、地区の衰退は市全体の活力低下にもつながることから、今後のまちづくりのあり方は市においても重要な課題です。
 市では、これらの課題に対応し、だれもが暮らしやすく住み続けられるまちをめざし、金剛地区活性化の取り組みの検討を進めています。

■ お知らせ
  「第4回金剛地区まちづくり会議」を開催しました
  「第2回防災活動部会」を開催しました
  「第1回ニュースレター編集会議」を開催しました
  「第2回居場所づくり部会」を開催しました
  「第2回イベント企画部会」を開催しました
  「第2回公園活用部会」を開催しました
■ 金剛地区の概要
■ 取り組み内容
  金剛地区まち再生に向けた提言書 (平成26年3月)
  「(仮称)金剛地区再生指針」策定に向けた素案 (平成27年3月)
  金剛地区再生指針 (平成29年3月)
        ・「金剛地区再生指針」策定に向けた取り組み
  「金剛地区再生指針」推進に向けた取り組み
■ その他
  金剛地区のイベント等

金剛地区航空写真_昭和36年撮影

金剛地区航空写真_平成25年撮影

資料:日本住宅公団事業パンフレット

資料:富田林市

 


【問い合わせ】 まちづくり推進課 (内線 452)

トップページへ ページの上へ