本文へジャンプ
富田林市ウェブサイト
 
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 富田林市立公民館 >> 講座修了生作品集



富田林市立公民館 育ちつづけるひととまちをめざして サイトマップ 公民館だより 関連リンク
ホーム 講座関係 イベント情報 施設案内や利用方法について 町のすぐれ者と託児指導員 公民館クラブ
講座修了生作品集

央公民館08年秋期セミナーでは、「手軽にポンッと消しゴムはんこ」講座を開催しました。
はんこと言えば、石に彫る篆刻を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、消しゴムはんことは、その名の通り、はんこ専用の消しゴムを使ってはんこを作ります。用意するものは、カッターナイフ、彫刻刀、トレーシングペーパー、鉛筆。あとは彫りたい図柄を用意するだけで簡単に出来ます。


師には関西で主に活躍されている消しゴムはんこ作家、上田さやかさんを迎え、年代も性別もさまざまな受講生と共に作品作りに励みました。
彫刻刀、カッターナイフの使い方や彫り方を指導して頂き、実際に作業を始めてみると、細かい模様や細い線を彫る作業は難しく、彫るという作業に最初はみなさん悪戦苦闘。しかし回を重ねるごとに、コツを掴み、色々な作品にチャレンジしました。
作品を作っている時は、みなさん真剣そのもの。あたりを張詰めた空気が漂っていましたが、作品が出来上がるたびに、「かわいい〜!」と言う声があちらこちらから。
隣の方とはんこを交換してポンポンっと押しあいっこをしては、終始和やかな講座となりました。

講座終了後には、受講生有志の方が集まりサークルを結成し、市内様々な地域の方との交流を交え、はんこ作りを楽しんでいます。


08年度中央公民館春期講座「はじめてみよう!作詞・作曲」では、未経験者を対象に、作詞・作曲にチャレンジしました。

講師には、富田林市在住のプロミュージシャンである、あわたゆうさくさんをお招きしました。作詞・作曲は決して敷居の高いものではなく、日常の片隅や、自分の足元に転がっている風景や気持ちをそのまま綴って、「言葉」と「メロディ」に託していくもの、という講師のガイダンスから講座はスタート!まずは各自テーマを決めて、作詞に取り組むことに。家族、恋愛、自然の風景・・・・・テーマはさまざまですが、みなさんの素直な心情が伝わってきます。

詞が完成すると、次は作曲にチャレンジ!とは言っても、みなさん初心者ばかりですので、自分で作った歌詞に鼻歌で少しずつメロディを付けていくことに。吹き込んだテープをみんなで聴きながら、講師からアドバイスを受けて、徐々に曲の形になっていきました。

続いては伴奏作り!しかし、これはちょっと初心者にはムズカシイ・・・。なので、講師にみなさんの曲の伴奏を付けてもらいました。すると、見違えるようにそれぞれの曲がグン!と輝きだしてきました。伴奏って大切なんですね。「伴奏があればこそ曲が活きる、曲が自分のものになる」と、講師から説明があり、コード理論や伴奏についても学んでいきました。すぐに実践していくことは難しいですが、公民館講座はひとつのきっかけです。講座が終わった後も研鑽して、生活に根ざした音楽活動を続けていただければ、と思います。

講座の最終回には、各自が完成させた楽曲をCDにして、講師から受講者のみなさんにプレゼント!でも、それだけじゃ勿体無い、ということで、富田林市のインターネットラジオ「Web Web Radio とんだばやし」で成果発表することになりました。以下のリンクから受講生の作品を聴くことができますので、このページをご覧のみなさんもお聴きになってくださいね。

Web Web Radio とんだばやし (「みんなおいでよ♪」のコーナーの「はじめてみよう!作詞・作曲」をクリック)


07年度中央公民館春期講座「パラパラマンガ道場」は、手づくりのアニメーション(パラパラマンガ)を“紙”ではなく“パソコン”上でつくろう!ということで、小学生から大人まで、さまざまな人たちが参加して講座がはじまりました。
1回目はNPO法人記録と表現とメディアのための組織(remo)の雨森 信さんにアニメの歴史やどうして絵が動いて見えるのか?その仕組みについて、わかりやすく説明していただきました。
2回目以降は、ひたすらパラパラマンガの製作に没頭。EasyToonというフリーアニメーションソフトを使用して、紙に描くのと同じように1枚1枚、パソコンを使って絵を描きつづけました。

受講生によるパラパラマンガ、いくつかご紹介します。
どうくつ
ちょっとドライブ
yo shi ki 
無題
ボクシング(ノンタイトルマッチ)
太陽の塔対PLの塔 
▲ページ先頭に戻る