富田林市ウェブサイト
 
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 人権政策課トップページ >>個人情報保護法について

個人情報保護法について


平成17年4月から「個人情報保護法」が全面施行!

民間事業者のみなさまに個人情報を取り扱う上でのルールが適用されます。

利用・取得 個人情報の利用目的を特定。目的外利用は禁止
個人情報は適正に取得
取得に際しては利用目的を通知または公表
本人から直接書面で取得する場合は利用目的を
 あらかじめ明示
適正・安全な管理 個人データの正確性の確保
個人データを安全に管理
従業者、委託先を監督
第三者提供の制限 本人の同意を得ない個人データの第三者提供は
 原則禁止
本人の求めに応じて第三者提供を停止することと
 しており、一定の事項をあらかじめ通知等している
 ときは、本人の同意を得ずに第三者提供するとこが
 可能
開示等・苦情処理 本人からの求めに応じて保有個人データの開示、
 訂正、利用停止等に対応
個人情報の取扱いに関する苦情を適切かつ迅速
 に処理

※個人情報取扱い事業者とは、5千件を超える個人情報を、コンピュータなどを用いて検索することができるよう体系的に構成した「個人情報データベース等」を事業活動に利用している事業者のことです。



開示等の制度
個人情報の本人は、取扱事業者に対して、自分に関する情報の開示や訂
 正等を求めることができる。
事業者が法律の義務に違反して個人情報を取り扱っているときは、その
 利用停止等を求めることができる。
事業者は、開示等の求めに応じられない場合には、その理由を説明する
 よう努めることとされています。
開示等の具体的な手続きについては、各事業者定めるところにより、行っ
 ていただくことになります。


※個人情報は思わぬところで悪用される可能性もあります。
  ご自分の個人情報をむやみに提供しないようにするなど、
  「自分の情報は自分で守る」という意識も必要です。