富田林市ホームページ
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 保健センターの事業案内 >> 富田林病院建替事業について >> 新病院の基本設計が完成しました

 新病院の基本設計が完成しました

 建て替えが進められている富田林病院の基本設計が完成しました。
 新病院は地上6階地下1階建て、延べ床面積は23,611u(庇部分、別棟含む)、病床数260床となっています。

新病院イメージ1
※この図は予想図であり、完成とは異なる部分もあります。

 新病院の配置は、現在の敷地の東側から北側にかけて逆L字型に病院本館と健診センター棟を配置し、中央部に現行の車輛出入り口から正面玄関に伸びる進入路を設け、その南側に来院者用駐車場を配置する計画となっています。
 来院者用駐車場は敷地内に215台(内、障がい者用12台)を確保します。また、北側隣地の駐車場も満車時や時間外に利用可能としています。



 新病院の完成は平成33年10月を予定しており、当初の予定(平成31年度に一部供用開始、34年度に完成)から変更となったことから、本市と大阪府済生会で結ばれている「富田林病院の譲渡等に関する基本協定書」の供用開始時期に関する部分の変更を行います。

トップページへ ページの上へ