富田林市ウェブサイト
 
トップページ >> 安心安全ガイド >> 災害への備え >> 土砂災害とは


土砂災害とは

土石流 地すべり がけ崩れ
土石流 地すべり がけ崩れ

土砂災害は、山腹、川底の石や土砂が長雨や集中豪雨などによって一気に下流へと押し流される現象です。

その流れの速さは規模によって異なりますが、時速20〜40kmという速度で一瞬のうちに人家や畑などを壊滅させてしまいます。

地すべりは、斜面の一部あるいは全部が地下水の影響と重力によって、ゆっくりと地層界に沿って移動する現象です。

一般的に移動土塊量が大きいため、深刻な被害を及ぼします。また、いったん動き出すと、完全に停止させることは非常に困難です。

がけ崩れは、地中にしみこんだ水分が土の抵抗力を弱め、雨や地震などの影響によって急激に斜面が崩れ落ちる現象です。

突然起きるため、人家の近くで発生すると逃げ遅れる人が多く、大きな人的被害をもたらします。