仲村家住宅
所在地:富田林町
仲村家住宅
 現在残されている建物は18世紀後半に建てられたもので、慶応元年(1865年)に描かれた屋敷図も残されています。このような建て方は京や大阪の大きな商家の構えに多いといわれています。
 仲村家はかつて酒造業を営んでおり、残されている古文書から河内でも最大規模の出荷高であったことが知られています。
 ※一般公開はされていません