東高野街道錦織一里塚
所在地:錦織東
東高野街道錦織一里塚
  街道沿いに距離を測る目印であったという一里塚が、河内長野市との境界近くに残っています。  錦織一里塚は、一辺が約9メートルの正方形で、高野山に通じる東高野街道に接して造られています。現在、ここには宝篋印塔と石碑が残され、そのひとつには「承応二年」(1653年)の年号が刻まれているため、この一里塚はこれより以前に造られたと考えられます。