水郡邸
所在地:甲田
水郡邸
 幕末の文久3年(1863年)、向田村(現在の甲田)の水郡(にごり)善之祐は、尊皇攘夷派の志士たちと連絡をとりながら倒幕の兵をあげました。天誅組河内勢とも呼ばれる一派です。彼らの行動は結局失敗し、善之祐は刑場の露と消えましたが、この事件は明治維新につながる重要な事件でした。
 善之祐に呼応した一行が集結した水郡邸は安永2年(1773年)に建てられた当時の姿をとどめており、昭和48年大阪府指定文化財(史跡)に指定されました。
 ※一般公開はされていません