葛原家住宅主屋、倉庫
所在地:常盤町
葛原家住宅主屋、倉庫
  急勾配の切妻屋根が象徴的なコッテージ風住宅で大正13年に建てられたものです。階段や応接室などにセセッション式の意匠が活用され、邸内には遠景の池泉やパーゴラを配置するなど、大正期の洋風建築を知る典型的な建物です。
 ※一般公開はされていません