旧杉山家住宅
所在地:富田林町
住宅外観 建物内部 襖絵

 旧杉山家住宅は富田林寺内町でも最古級の町屋建築です。寺内町の創立にも関わったとされる杉山家は、江戸中期以降、造り酒屋として財をなした旧家で、その広大な敷地に主屋、酒蔵、土蔵など十数棟が軒を接して建てられていました。
螺旋階段  屋敷内部の造りも贅を凝らしたもので、能舞台を模したともいわれる大床の間には狩野派の絵師による老松の絵が描かれ、その奥には茶室も設けられています。一方で、ダイドコ(台所)の北には後世に2階に上がる螺旋階段が設けられ、伝統とモダンが同居した造りとなっています。
 昭和58年に市が購入し、3年を要した解体修理のあと一般公開しています。
 ※公開時間等はこちらをご覧ください

石上露子
石上露子  明治の末に活躍した明星派の歌人、石上露子(いそのかみつゆこ、本名は杉山タカ)はこの杉山家の出身です。
 旧家らしく伝統的なたしなみを身につけるとともにミッションスクールに学ぶなど新しい文化や思想にも影響を受けた彼女は、つぎつぎと短歌や詩を発表し文壇に注目されましたが、26歳で家の後継の道を選択ししばらく執筆活動を中断。このころの作品「小板橋」は、当時の文学青年や詩人に広く愛読されました
 子育てが一段落したころから再び作品を発表しましたが、やがて大戦に突入。また夫や長男の死など波乱のなか、昭和34年享年77歳で生涯を閉じました。