富田林市ウェブサイト
 
トップページ >> 富田林市のこと >> 各課のページ >> 教育委員会文化財課 >> イベント情報



イベント情報

寺内町センターにおいて、富田林寺内町重要伝統的建造物群保存地区の選定20周年を記念した展示「富田林の酒造業」を開催します。

 江戸時代、美しい町並みを誇る富田林寺内町の繁栄を支えた産業に酒造業があります。酒造業は酒を造って売るだけではなく、原料のお米、仕込みや運搬に使う桶・樽などの道具類、それらを使う労働力といった需要を生みました。
 今回の展示では、その富田林の酒造業に関わる資料を集めました。富田林の酒造業と共に江戸時代の酒造りについても知っていただける良い機会になればと思います。
 また、10月14日(土)には展示会に合わせた講演会を行います。講演会当日の寺内町は「後の雛まつり」も開催されていますので、ぜひお誘いあわせの上お越しください。


〈展示会〉
と き平成29年10月3日(火)〜11月5日(日) 午前10時〜午後5時
ところ寺内町センター
入館料無料

〈講演会〉
と き平成29年10月14日(土)
午後1時30分〜午後2時30分(開場は午後1時から)
集 合当日、寺内町センター2階会議室に、時間までにお越しください。
事前申し込みは必要ありませんが先着順です。
定員40名。
入館料無料

問い合わせ先:文化財課(内線507)


展示会・講演会案内チラシはこちら



寺内町センターにて「戦国時代末の都市・まちサミットU 〜富田林寺内町と堺〜」を開催しています。

 大阪府教育庁文化財保護課と富田林市教育委員会は、文化財のことをもっと皆さまに知っていただくために、協力して昨年度より市内のいくつかの会場で展示会を開催しています。
 寺内町センターでは「戦国時代末の都市・まちサミット」として、富田林寺内町と、大阪府内の「都市」「まち」遺跡と見くらべています。平成29年度は第2回として、千利休(せんのりきゅう)や呂宋助左衛門(るそんすけざえもん)たちが活躍した堺を取り上げ、中国や朝鮮半島からもたらされた青磁や白磁の器から、堺の繁栄ぶりを紹介します。


〈展示会〉
と き平成29年5月25日(木)〜平成30年3月25日(日)、午前10時〜午後5時
休館日月曜日(月曜日が国民の祝日の場合は翌日)、平成29年12月26日(火)〜平成30年1月6日(土)
ところ寺内町センター
観覧料無料

問い合わせ:文化財課(TEL:0721−25−1000 内線507)


展示会案内チラシはこちら



平成29年5月20日(土)、「畑ヶ田(はたけだ)遺跡」(若松町)で現地見学会が開催されました。

畑ヶ田遺跡 現地見学会資料のダウンロードはこちら 畑ヶ田遺跡遺跡現地説明会資料 [PDF 4.6MB]

 


平成25年12月14日(土)、「畑ヶ田南(はたけだみなみ)遺跡」(若松町)で現地説明会が開催されました。

畑ヶ田南遺跡 現地説明会資料のダウンロードはこちら 畑ヶ田南遺跡現地説明会資料 [PDF 1.9MB]

 


平成23年8月27日、「畑ヶ田(はたけだ)遺跡」(若松町)で現地説明会が開催されました。

 奈良時代の集落跡を発掘調査した結果、銅銭が5枚入った甕(かめ)が、ほぼ完全な形でみつかりました。
 大阪府内では大変めずらしいということもあり、地域の人や考古学ファンなど、約200人の見学者が訪れ、関心の高さがうかがえました。
 皆さんは熱心に説明を聞きながら、1300年前の奈良時代の富田林に思いをはせていました。

遺構跡に見入る人々 発掘された銭貨入りの甕

説明に聞き入る見学者 会場に展示された遺物群



現地説明会資料のダウンロードはこちら 現地説明会資料のダウンロードはこちら

文化財課トップへもどる 文化財課トップへもどる