このページの先頭です
ここから本文です

富田林の食べ物【あかねこ、くるみ餅】

  • とんだ
  • facebookでシェア

27

とんだ!ボタンとは

sliderImage

Myとんだリストに追加

・【赤ねこ餅】
7月2日は半夏生(はんげしょう)。河内では「はげっしょう」と呼び、この日は田植えが終わって村をあげての田植え休みとなります。夏至から数えて11日目頃の7月初旬に、もち米に小麦を加えて搗いた餅を食べる習慣があります。小麦を加えるために餅が赤くなることから「赤ねこ餅」とも呼ばれ、この辺りの風物詩になっています。田植えの仕事も終わった半夏生の頃には、天から毒気が降るとか、地面が陰毒を含んで毒草が生えるなどという言い伝えがあり、この時季に筍・わらびなどを食べることや種を撒くことを忌む風習があったことから、二日間仕事を休んだそうです。
・【くるみ餅】
 あんこでくるんだお餅という意味です。このお餅は、枝豆の青い大豆をすりつぶして、砂糖と少しの塩を混ぜたのを餡としてつけたもので、東北地方では、「ずんだ餅」と言われています。秋まつりの季節に大豆を青い間に収獲します。東北地方では、クルミ餡で和えた餅のことをさしますが、南河内のくるみ餅は、餡で餅を「包む」=「くるむ」という意味あいがあり、クルミではなく大豆の餡です。

その他のおすすめ見どころ

とんだ!ボタンとは

サイト内に散りばめられたスポットの写真を見て「あっ!行ってみたい!」「この場所好き!」など、心が弾んだ=「跳んだ(とんだ)」瞬間に押していただくボタンです。魅力的だと感じたスポットにあなたの「とんだ!」をどんどんつけていきましょう!「とんだ!ボタン」のカウントに応じてランキングが表示されるので、注目度の高い観光地も一目でわかります。

閉じる