このページの先頭です
ここから本文です

河内木綿

  • とんだ
  • facebookでシェア

16

とんだ!ボタンとは

Myとんだリストに追加

江戸時代から明治時代のはじめにかけて、河内地方で栽培された綿から糸を紡いで手織りされた木綿のことで、富田林市でも、農家が栽培が始まったのは15世紀末頃の戦国時代といわれています。
富田林寺内町でも、18世紀に入って河内木綿の取引をする問屋が増え商人の間で盛り上がっていました。
明治になると、外国から安い木綿が入ってきたことや、機械化や染料との加工過程で手間がかかることから衰退し、今は栽培されていません。

その他のおすすめ見どころ

とんだ!ボタンとは

サイト内に散りばめられたスポットの写真を見て「あっ!行ってみたい!」「この場所好き!」など、心が弾んだ=「跳んだ(とんだ)」瞬間に押していただくボタンです。魅力的だと感じたスポットにあなたの「とんだ!」をどんどんつけていきましょう!「とんだ!ボタン」のカウントに応じてランキングが表示されるので、注目度の高い観光地も一目でわかります。

閉じる