このページの先頭です
ここから本文です

龍泉寺木造聖徳太子立像他(大阪府指定文化財)

  • とんだ
  • facebookでシェア

19

とんだ!ボタンとは

sliderImage
sliderImage
listImage listImage

Myとんだリストに追加

龍泉寺には、高さ40cmほどの木造聖徳太子立像があります。これは聖徳太子が2歳の時に東へ手を合わし、「南無仏」と唱えた姿を模した像といわれています。この像の中には数枚の紙片が納入されており、その内容から興国7年(1346年)につくられたと考えられます。ふっくらとした子供らしい身体つきをしながらも、その強い眼差しには聖徳太子の利発さが表れています。
残念ながら、現在一般公開はされておりません。 (像内納入品)
紙本版画如意輪観音像(1枚)
紙本墨画阿弥陀、地蔵二尊像(1枚)
紙本聖徳太子印仏(1枚)
護符(1枚)
文書断片(1片)
昭和51年 府指定有形文化財
アクセス近鉄長野線 滝谷不動駅から徒歩約40分
見学所要時間1 時間

Google Mapで見る

その他のおすすめ見どころ

とんだ!ボタンとは

サイト内に散りばめられたスポットの写真を見て「あっ!行ってみたい!」「この場所好き!」など、心が弾んだ=「跳んだ(とんだ)」瞬間に押していただくボタンです。魅力的だと感じたスポットにあなたの「とんだ!」をどんどんつけていきましょう!「とんだ!ボタン」のカウントに応じてランキングが表示されるので、注目度の高い観光地も一目でわかります。

閉じる