このページの先頭です
ここから本文です

畑ヶ田南遺跡

  • とんだ
  • facebookでシェア

14

とんだ!ボタンとは

sliderImage
sliderImage
listImage listImage

Myとんだリストに追加

若松町の小字「畑ヶ田」一帯は、飛鳥から奈良時代にかけて、役所のような公的施設があったようです。それを裏付けるのが、畑ヶ田南遺跡の硯(すずり)と畑ヶ田遺跡の甕(かめ)で、どちらも一般集落からはみつからないものです。硯は飛鳥時代のものとみられ、墨をする円形の部分に、脚となる台が付いています。甕は中に奈良時代の銅銭が5枚入っており、地鎮もしくは子どもの成長を願うために埋めたと考えられます。

その他のおすすめ見どころ

とんだ!ボタンとは

サイト内に散りばめられたスポットの写真を見て「あっ!行ってみたい!」「この場所好き!」など、心が弾んだ=「跳んだ(とんだ)」瞬間に押していただくボタンです。魅力的だと感じたスポットにあなたの「とんだ!」をどんどんつけていきましょう!「とんだ!ボタン」のカウントに応じてランキングが表示されるので、注目度の高い観光地も一目でわかります。

閉じる