学校長挨拶
校長 谷口 省三
〔 歴史 〕
〔 教育方針 〕
  戦後、義務教育は小学校6ヶ年、中学校3ヶ年に延長され、さらに、高等学校3ヶ年、
大学4ヶ年、いわゆる6,3,3,4年生を実施せられることになった。
 この制度の実施に伴い富田林町(市)でも進駐軍の指示によって一時、現在の河南高等学校
の校舎を借用し昭和22年4月に富田林町立中学校が開校された。
 其の後昭和25年4月に富田林市制の実施に伴い富田林町立中学校を富田林市立第一中学
校と富田林市立第二中学校の2つに分離し、第一中学校は大阪第二師範学校富田林校舎(現
在地)へ、第二中学校は同附属中学校川西校舎(現在地)に移転した。
 そして、昭和25年4月1日、第二中学校は富田林市2番目の中学校として開校した。
開校当初は大阪第二師範学校富田林附属中学校川西校舎の1棟5教室を借用し、生徒数
135名を教育したるのが本校の創立である。
後、昭和27年度より実質的開校の5月1日を学校創立記念日と定めた。

                     学校沿革誌より抜粋 昭和44年4月1日
                                    校長 永広 静夫
                                    教頭 辻 重成

 其の後昭和38年より青葉ヶ丘小学校校区、錦郡小学校校区の中須賀地区、伏山地区の
一部の生徒は狭山町への委託生徒とした。また、昭和42年金剛中学校の創設に伴い、
青葉ヶ丘小学校校区及び須賀地区、伏山地区は金剛中学校に編入された。
 さらに、昭和47年、彼方小学校校区の、西板持、柏木住宅、楠風台地区は第三中学校に
編入され、平成元年には、川西小学校校区の廿山地区は明治池中学校校区に編入され現在に
至る。

 上は、学校沿革誌に残る、本校創立の時代背景と経緯、変遷です。
本年で開校67周年を迎えました。昨年に引き続き、歴史,伝統ある
第2中学校校長として身が引き締まる思いです。
 本年度は、普通学級12、支援学級5、計17クラス 生徒数403名、
になりました。



〔教育目標〕                                         [校長 谷口 省三]

子どもたちに生きる力を育み、地域の期待に応える教育を創造する!



    ・自ら学び、自ら考え、判断する力を育成し、豊かな心を持つ人間育成を図る。
    ・協働共汗の姿勢の確立をめざし、仲間を大切にし、明るい平和な社会を築く人間を育てる

〔今年度の重点目標〕

  「学校は学びの場・生きる力を育む場・安全で楽しい場でなければならない」

   (1)基本的なマナーやルールの徹底による規律・規範の確立
   (2)基礎的・基本的学力の定着による学力の向上
   (3)道徳教育の充実による豊かな人間性の育成
   (4)家庭・地域と連携した取組みによる生活習慣、家庭学習習慣の確立
   (5)何事にも我慢できる生徒の育成

   全校生徒403名、一人ひとりがかけがえのない存在であり、保護者・地域のみなさまと共に
  子どもたちの育ちをサポートできたらと考えています。今後とも、二中教育活動にご理解・ご支援
  をよろしくお願いいたします。

Top Page
昭和37年の本校の様子 左は正門横から、 上は体育館