富田林市ホームページ富田林市ホームページ
トップページ >> 市役所のご案内 >> パブリックコメント >> 高齢介護課 >> 意見とそれに対する市の考え方

意見とそれに対する市の考え方

意見1
  意見概要
@ 高齢者を取り巻く家族への支援の充実が必要である。
特に、緊急時のショートステイの体制強化等が必要である。
   
A ショートステイの予約が困難な事業所の体制の強化を図ってほしい。
   
B 特定疾患を抱えた第2号被保険者のニーズなどを満たすサービスが必要である。
   
C 調理業者の変更・選定に市民の意見を取り入れるなどして、配食サービスの弁当の内容を充実させてほしい。
   
素案における該当箇所
  基本目標2(1)(2)、基本目標4(2)、その他
   
意見に対する考え方
@ 基本目標4『在宅生活支援の推進』において、介護家族者への支援について明記するとともに、地域包括支援センターを窓口に相談体制の充実を図ります。また、緊急ショートステイの有効な運用を今後も引続き継続します。
A ショートステイが円滑に利用できるよう事業者の指導監督及びサービスの質の向上に向けた助言に努めます。
B 介護保険制度そのものに関することであるため、実情を踏まえ、大阪府市長会などを通じ、国へ働きかけます。
C これからも配食サービスの内容の充実について検討、調整を図ります。
   
   
意見2
  意見概要
@ 知っていれば得をして、知らなければ置いてきぼりにされる現状の中で、ことさら知る努力が必要である。
   
A ケアマネジャー、ヘルパーへの定期的な研修の実施とともに、医師の講演等を通じ、情報交換や懇談の場をもつ必要がある。
   
B 認知症に関しては、理解と思いやりをもって温かく迎えるべきであり、行政においては、広報活動や啓発活動を進める必要がある。
   
素案における該当箇所
  基本目標2(1)(2)、基本目標3(3)、基本目標6(2)
   
意見に対する考え方
@ 高齢者、家族への情報提供については、市高齢介護課、地域包括支援センター、在宅介護支援センターが中心となって、今後とも積極的な周知と情報提供に努めます。
A ケアマネジャー、介護従事者の質の向上について、引続き、事業者の育成、指導、助言に努めます。また、利用者を中心とした介護と医療の連携を図ります。
B 社会全体が認知症を正しく理解できるよう、認知症サポーター養成講座や介護予防教室などを通じて啓発に努めます。


トップページへ ページの上へ