富田林市ウェブサイト

文字サイズ【小さく元のサイズ大きく

サイト内の検索

市役所外観
トップページ
安心安全ガイド
くらしのご案内
富田林市のこと
市役所のご案内
富田林市へようこそ

トップページ >> 市役所のご案内 >> 道路、住宅、みどり >> 緑化推進

市役所のご案内

緑化推進事業助成制度

緑あふれる快適なまちづくりを進める「みどりの基金」事業の一環として、新たに生け垣づくり、地域緑化(植樹)をする人に、費用の一部を助成する「緑化推進事業助成金交付制度」を設けています。この制度を利用する人は、植栽の前に申請してください。

助成対象者

市民、市民が組織する各種団体、市内に事務所または工場を有する事業所。

助成対象事業・助成額

個人住宅の生け垣
公衆用道路に面し、延長が3メートル以上であり、1メートル当たりの樹木が3本以上(樹高1メートル以上)であること。
助成額は経費の2分の1以内、限度額5万円。

共同住宅地などの植栽
2人以上で所有する住宅地で、植栽本数が10本以上、その経費が3万円以上であること。
助成額は、経費の2分の1以内、限度額5万円。

事業所敷地の植栽
事業所敷地内で植栽本数が10本以上で、その経費が3万円以上であること。
助成額は、経費の3分の1以内、限度額5万円。

既存ブロック塀などの撤去
新たに生け垣を設置するために、既存のコンクリートブロック、フェンスなどを撤去するとき。
助成額は、経費の3分の1以内、限度額3万円。

保存樹木等の指定制度

市では、地域に残る、優れた「緑」を保存し、まちの健全な環境保持、向上を図るため「富田林市古樹名木等の保存に関する規則」を制定しています。保存樹木の指定は、次の各号のいずれかに該当するものであって、かつ、健全で樹容が美観上特にすぐれているものについて行います。

(1)

1.5メートルの高さにおける幹の周囲が1.5メートル以上であること。

(2)

高さが15メートル以上であること。

(3)

株立ちした樹木で高さが3メートル以上であること。

(4)

はん登性樹木で枝葉の面積が30平方メートル以上であること。

(5)

古くから地域住民に親しまれ歴史上又は学術上価値のある樹木であること。

保存樹林の指定は、次の各号のいずれかに該当するものであって、その集団に属する樹木が健全で、かつ、その集団の樹容が美観上特にすぐれているものについて行います。

(1)

樹木の集団に存する土地の面積が、500平方メートル以上であること。

(2)

生垣をなす樹木の集団で、その生垣の長さが30メートル以上であること。

(3)

古くから地域住民に親しまれ歴史上又は学術上価値のある樹木の集団であること。

【問い合わせ】 みどり環境課 (内線 431)


トップページへ ページの上へ