富田林市ウェブサイト

文字サイズ【小さく元のサイズ大きく

サイト内の検索

市役所外観
トップページ
安心安全ガイド
くらしのご案内
富田林市のこと
市役所のご案内
富田林市へようこそ

トップページ >> 市役所のご案内 >> 健康、福祉、医療 >> 原子爆弾被爆者見舞金、生活つなぎ資金、生活保護

市役所のご案内

原子爆弾被爆者見舞金、生活つなぎ資金、生活保護


 原子爆弾被爆者見舞金の支給

原子爆弾の被爆者を激励し、福祉の増進を図るため、毎年8月に5,000円の見舞金を支給します(申請は7月中)。
支給対象者は「原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律」に基づき支給される諸手当を現に受けている人で、7月1日現在引き続き本市に3か月以上居住し、かつ住民基本台帳に記録、または、外国人登録されている人。

【問い合わせ】 地域福祉課 (内線 282)


 生活つなぎ資金の貸付

所得の低い世帯で、災害・傷病などで生活が一時的に著しく困難になられた場合、20万円以内で貸付します。(所得の基準があります。また、連帯保証人が必要です。)
・ 貸付利息 ・・・ 無利子
・ 貸付期間 ・・・ 22か月以内(据置期間を含む)
・ 据置期間 ・・・ 2か月以内

【問い合わせ】地域福祉課 (内線 289)


 生活保護

生活に困っている人に、その程度に応じて保護し、最低限度の生活を保障するとともに、自立できるよう援助することを目的に生活保護の制度があります。国が決めている保護基準と収入を比較して、収入が足りない場合は、その足りない分を保護費として支給されるものです。
また、扶養義務者の扶養や利用し得る資産や能力などの活用を優先して行っていただく必要があります。
保護の種類としては、生活扶助・住宅扶助・教育扶助・介護扶助・医療扶助・出産扶助・葬祭扶助などがあります。
病気になったりして生活に困っている人は各地区の民生児童委員、または生活支援課にご相談ください。

【問い合わせ】 生活支援課 (内線 165)


トップページへ ページの上へ